風邪を引きにくくする

髪を乾かすときにドライヤーを使いますが、そのときに、首筋から背中にかけて温風を入れます。(風邪のひき始めにゾクゾクしてくる部分)
そうすると、風邪を引きにくくなります。
髪を乾かすとき以外でも、風邪を引きそうでゾクゾクしているときにやっても効果はあります。


二日酔いには

アルコールを体内から早く出すには、利尿作用のあるものがオススメです。
利尿作用のある、お茶をたくさん飲みます。
塩をお茶に入れて飲むと、さらに効果が期待できます。
また、胃や肝臓の働きを活発にしてくれる食材があります。
大根おろしをお湯で割り飲みます。胃のムカムカが緩和されます。

冷え性には

冷え性には塩水が効果があります。
塩入りのお風呂に入ってみましょう。
また、お湯に塩を入れて、足を浸けてから寝るのもお奨めです。

疲労回復に効く果物

疲労を回復させるには、ブドウ糖を多く含んだ果物がオススメです。
そこで疲労回復には、バナナを食べてみましょう。
そのほかの果物としては、柿やキウイやぶどうなどです。

鼻づまり

しょうが汁をしみ込ませた蒸しタオルを鼻の穴に当てると鼻づまりがよくなります。
また、大根おろしの汁を鼻の穴にたらすのも効果があります。

足元の冷え

足元を温めるには、
ハンカチなどに包んだ唐辛子を、スリッパや、靴の先に入れます。
そうすれば、足元からポカポカ温まります。

お腹をこわしたとき

お腹をこわしたときは、濃い目のお茶を飲んでみましょう。

日本人には欠かせない飲物として親しまれているお茶には、タンニンという成分が含まれていて、タンニンには収縮作用があります。
これによって、お腹がしめられ、お腹を整えるのに効果があります。
濃いお茶は、お茶の葉を煎じて飲むのと同じことになるのです。

眠れないとき

眠れない時は、大さじ1杯の酢を飲んでみましょう。

眠れない時は、飲めるくらいの酢味で、大さじ1杯ぐらいの酢を飲むことです。
酢は言わずと知れた疲労回復に効果があります。
不眠症は、たいてい、肉体的、精神的な疲労からくるものですから、全身的になるべく早く効く疲労回復剤を投入すればよいことになります。
薬品を使うまでもなく、酢が、その役割を果たすのです。

疲れやすいとき

疲れやすいときは、ニンニクのすりおろしを土踏まずにつけましょう。

ニンニクの成分スコジニンには、血行を良くする作用があります。
一方、土踏まずは疲労回復のツボです。
したがって、土踏まずに、ニンニクのすりおろしを貼れば、ニンニクの成分が土踏まずのツボを刺激し、疲労を回復する効果が期待できます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。